ミュージカル・バレエヴァリエーションワークショップ開催!!

ミュージカル・バレエヴァリエーションワークショップのご案内

ミュージカルワークショップを始めて5年目になります
スタートした時は、参加者は3名でした
正直、続けていけるのか?
迷いましたが、スタッフと自分を信じて続けてきました
現在はリピーターの方々も増えて、アットホームに、真剣にワークショップを行っています

10月8日(日曜日)14時~
10月9日(月曜日・祭日)10時30分~
今回はマンマミーアよりダンシングクイーン
ダンシングクイーンは英詩でチャレンジします
ウイキッドより魔法使いと私
モアナと伝説の海よりどこまでも~

初級ですので、初めての方も安心してご参加くださいね
詳細はこちらのページをご覧下さいね

写真は今までに開催した、ミュージカルワークショップのレッスン風景です

そしてもう一つのワークショップ
当カンパニーでは初めての試み
バレエのヴァリエーション眠れる森の美女より第三幕オーロラ姫のヴァリエーション

初めてヴァリエーションにトライする方も安心してご参加頂けます
スキルアップをしたい方も、適切なアドバイスを丁寧に、表現力も重視したレッスン内容です
詳細はこちらをご覧下さいね

 

ミュージカルの魅力

ミュージカルの素晴らしさ

ミュージカルはなんといっても、メロディーにセリフ(歌詞)がある

セリフだけでは伝わりにくいメッセージをメロディーにのせて観客に伝える事が出来ます

観客はその歌声に感動します

ミュージカルの持つ世界観は独特のものだと思います

私がニューヨークへダンス留学した時

時差ボケのフラフラの状態でキャッツを観に行きました

キャッツは日本の劇団四季の舞台を観ていたので、英語のわからない私でも大丈夫だと思い観に行きました

舞台が始まると、時差ボケは吹っ飛び、キャッツの世界へ入りこみました

ジェリクルキャッツ、選ばれた猫達の大舞踏会

個性溢れるキャスト達

メモリーを聴いた瞬間。。。

涙が止まらなくなりました。。。

音楽は国境を越えて感動を与えてくれました

音楽の持つ力こそがミュージカルです

キャッツはアンドレ―・ロイド・ウェバーが作詞・作曲

キャッツの他に、オペラ座の怪人等が有名ですね

前回のミュージカルワークショップオペラ座の怪人のシンク・オブ・ミーという曲を課題曲にしました

透き通るようなメロディーに心を揺さぶる、包み込む様な歌詞

ミュージカルの素晴らしさと感動を皆さんと共有しようと思い

ミュージカルワークショップの企画を定期的に開催しております

1人で歌・ダンス・芝居を1日で作り上げ、1人づつ発表するという内容ですので、沢山の人数は参加する事は出来ませんので、少人数制でアットホームな空気感で行っています
arajin
写真は前回のミュージカルワークショップのレッスン風景

参加費も、リーズナブルに設定してあります
参加してみたいけど、参加費が高いと。。。
そんな思いに応えて)^o^(

11月6日(日曜日)はマンマミーアとミスサイゴン
マンマミーアからは「マンマミーア」
ミスサイゴンからは「命をあげよう」

マンマミーアは目の前に別れた元彼が突然現れた時のとまどいの歌
命をあげようはアメリカ人の彼との間に生まれた子供に対する、母親の愛の歌
今は亡き、本田美奈子さんが歌った事で有名になった曲ですね
本田美奈子さんは個性豊かな女優さんでした。
今でも、ミスサイゴンの舞台の本田美奈子さんの姿が目に浮かびます

12月10日(土曜日)は美女と野獣とレミゼラブル
美女と野獣からは、ポット夫人の歌った「美女と野獣
レミゼラブルからは「夢やぶれて

美女と野獣はディズニーミュージカルの名作
大切なのは、外見ではなく、心の美しさというテーマの作品
ディズニーは愛と勇気がテーマの作品で、子供も大人も感動する作品です

レミゼラブルは東宝ミュージカル
夢やぶれては、娼婦に身を落とした女性、フォンテーヌの歌
自分の運命に翻弄されるフォンテーヌ
その辛い思いを歌いあげます

HAYダンスカンパニーの年内のミュージカルワークショップは12月10土曜日がラストです
来年はゴールデンウィークに予定しております

ミュージカルワークショップの詳細はこちら
お申込みはこちら
お問い合わせはこちら